イフジ産業株式会社
新着情報へ 会社情報へ 事業紹介へ 商品情報へ 投資家情報へ 鶏卵情報へ 採用情報へ
お問い合わせへ リンク集へ サイトマップへ
鶏卵情報
イフジ相場予想
8月の鶏卵相場予想

160円
(全農東京相場LM加重平均)

※予想は当社独自のものであり、あくまで予想です。
※この情報に関するお問い合せ等はご遠慮ください。

7月の相場ですが、6月終値のⅬ・Ⅿサイズ基準値150円の保合でスタートしました。その後、 25日にⅬサイズが5円値を上げております
 
供給面では、依然として餌付け羽数の増加に伴う影響はあるものの、一部産地にて強制換羽による生産調整が実施されているため、徐々に産地在庫は減少しているように思われます。特にMS以下の小玉需要が高く値を上げている状況です。また、梅雨の不安定な気候や暑さによる卵重の低下により、大玉(玉)にも影響が出てきている状況です。一方の需要面においては、梅雨時期が長く冷夏であるため、需要の低下時期ではあるものの、一定の引き合いが発生しております
 よって、多少の生産数の減少と、需要面では例年より引き合いが強い状況のため、7月25日にⅬ玉が5円上昇しましたが、その後は保合のまま8月に入っていくと思われます。7月の月間LM加重平均は、150.14円となっております。(令和元年7月25日時点
 
て、8月の相場予想ですが、需要面では梅雨が明け、本格的な暑さとなることが予想されるため、多少の鈍化は見られると思われます。しかしながら梅雨明けが遅かった今年は、すぐにお盆明け後の9月に向けての秋物需要が発生してくることを考えると、一時の低下であり、全体的には需要は強まってくると考えられます。一方の供給面では、卵重の低下が見受けられること、強制換羽による生産調整の影響や、引き続き「成鶏更新・空舎延長事業」も発動されているため、生産数の増加傾向は弱まりつつあると思われます。よって、相場は月後半から強含みの展開となるのではないでしょうか。
 
8月の月間LM加重平均は、160円付近と予想いたします。

     

※令和元年7月の相場は7月25日までの平均値。8月は予想値。

このページの先頭へ
このサイトについてへ 個人情報保護方針へ 免責事項へ
copyright IFUJI SANGYO corporation.