イフジ産業株式会社
新着情報へ 会社情報へ 事業紹介へ 商品情報へ 投資家情報へ 鶏卵情報へ 採用情報へ
お問い合わせへ リンク集へ サイトマップへ
鶏卵情報
イフジ相場予想
9月の鶏卵相場予想

165円
(全農東京相場LM加重平均)

※予想は当社独自のものであり、あくまで予想です。
※この情報に関するお問い合せ等はご遠慮ください。

8月の相場ですが、7月終値のⅬサイズ基準値155円・Ⅿサイズ基準値150円でスタートしました。その後、Ⅼサイズが6日に5円、9日にも5円、更に22日に5円値を上げ、170円まで上昇しました。Ⅿサイズは保合が続き150円で推移しております
 供給面では、強制換羽等の生産調整や卵重低下の影響があり、各産地の大玉在庫は特に低位となっている模様です。そのため、小玉シフトが進んでいる背景もあって相場のサイズ間格差が広がっていることが考えられます。一方の需要面においては、8月に入り猛暑が発生した影響でテーブルエッグの荷動きは鈍かったようです。加工筋では例年並みの推移であったことから、多少の在庫を抱えている状況が続いているようです
 よって、8月の相場は保合のまま9月に入っていくと思われます。8月の月間LM加重平均は、156.76円となっております。(令和元年8月26日時点

 
て、9月の相場予想ですが、8月後半に入り涼しい日が続いておりましたが、9月は一変して平年より温度が高く残暑が長く続く予報があり、生産面での懸念がされています。9月の気温によっては卵重低下の影響が続くものと見受けられます。ただし、一方で生産調整明け鶏群の産卵復帰も予定されているため、産地在庫の増加も考えられます。需要面では秋物需要が活発化し、また給食関係も再開されることから、外食・中食を中心に例年通り引き合いが強まると思われます。
 よって、9月相場ですが月前半は保合が続き、月後半から強含みの展開となるのではないでしょうか。

 
月の月間LM加重平均は、165円付近と予想いたします。

     

※令和元年8月の相場は8月26日までの平均値。9月は予想値。

このページの先頭へ
このサイトについてへ 個人情報保護方針へ 免責事項へ
copyright IFUJI SANGYO corporation.