イフジ産業株式会社
新着情報へ 会社情報へ 事業紹介へ 商品情報へ 投資家情報へ 鶏卵情報へ 採用情報へ
お問い合わせへ リンク集へ サイトマップへ
鶏卵情報
イフジ相場予想
1月の鶏卵相場予想

130円
(全農東京相場LM加重平均)

※予想は当社独自のものであり、あくまで予想です。
※この情報に関するお問い合せ等はご遠慮ください。

12月の相場ですが、前月の相場を引き継ぎ、L・Mサイズともに195円にてスタートしました。その後、10日に両サイズとも10円値を下げ、それ以降は横這い推移となっております
  給面では、冬シーズンに突入していることから、大玉が増加し、産卵率も高い状況となっております。また、西日本方面においても、夏場の生産調整から復帰した鶏の産卵も増えており、全国的に産卵量は多い状況となっております。一方の需要面では、外食・中食・コンビニ市場からの引き合いや、一般家庭での、おでん・鍋物需要も強まっておりますが、西日本方面の産卵量の増加に伴い、東日本から他方面への荷動きは鈍化しております。そのため、一定の需要は発生しているものの、全国的に産卵量が多い状況となっているため、相場は下押しの展開となったものと思われます。12月の月間LM加重平均は、188.13円となっております(平成30年12月25日時点)

て、新年1月の相場予想ですが、供給面では、年末年始の休市中に一時的に滞貨玉が発生します。一方の需要面では、テーブルエッグ・おでん・鍋物需要も高まり、2月の恵方巻き販売に向けて鶏卵加工業者からの引き合いも発生します
 元旦は、休みとなる量販店も多く、初市が安くなることが予想されることから、強換等の生産調整を行う生産者も多いものと思われます。よって、相場の上伸は早く、月の上旬から中旬にかけて強含みの展開となり、下旬には強換明けが復帰し、相場は安定するものと思われます。1月の月間LM加重平均は、130円付近と予想いたします。春先以降は、大きな生産調整が実施される可能性もあり、予想しづらい環境となっております

     

※平成30年12月の相場は12月25日までの平均値。平成31年1月は予想値。

このページの先頭へ
このサイトについてへ 個人情報保護方針へ 免責事項へ
copyright IFUJI SANGYO corporation.